Uncategorized

勃起障害(ED)と動脈硬化

どれくらいの日本人男性が、「男の自信」で悩んでいるか知っていますか?

男性
男性

実は、40歳以上の日本人男性の3分の1、人数で見ても1000万人を超える人が、程度の差こそあれ勃起障害(ED)で悩んでいるんですね。

40歳を超えるとテストステロンなど、男性ホルモンの分泌が減少してくるので、加齢によってEDになりやすくなるのは事実です。

しかし、このEDの症状を「加齢によるものだからしょうがない」と安易に考えて放置してしまうのは危険です。

動脈硬化と勃起障害(ED)の関係

実は最近、勃起障害は性機能に与える影響だけではなく、「動脈硬化」に与える影響が注目されてきています。

動脈硬化は、心筋梗塞や脳卒中を引き起こすものでもあるので、EDをEDだけととらえられない状況となってきました。

先ほどのEDに悩む男性1000万人以上というのは、勃起障害のなかでも比較的症状が重いケースですので、

  • オナニーでは問題ないのに、セックスでは勃起しなかったり中折れすることⓀがある
  • いつも立たないわけではなく、立たないこともある

という、比較的症状が軽いケースも入れると、数はもっと増えていきます。

勃起のメカニズムとEDの原因

勃起というのは、性的な刺激が脳に伝達され、それが勃起中枢を通って陰茎動脈に血液が流れ込みペニスが固くなることを言います。

この陰茎動脈は、内径が1~2㎜と体の外の動脈よりも細く、加齢によって血管が老化すると、動脈も硬くなり、血液が流れ込みにくくなるといわれています。

メタボといわれるメタボリックシンドロームなど肥満も、動脈が固くなる原因といわれています。

こうなると、ペニスが十分に硬くならなかったり、中折れしてしまうなどEDに近い症状となっていくのです。

勃起障害の状況を放置すると動脈硬化を見逃してしまうかもしれない?

血管が硬くなる、ということは動脈硬化を起こしていたり、起こしかけている可能性が疑われます。

陰茎動脈のような内径が細い動脈で動脈硬化が起こっているとなると、早晩、心臓や体のその他の部分でも、同じような硬化が起こっている可能性は無きにしも非ずだといえます。

心臓の冠状動脈は内径が3~4㎜もありますので、陰茎動脈と同じ速度で動脈硬化が起こるとは考えにくいですが、陰茎動脈で効果を起こしている場合は、他の太めの動脈でも、血管が狭くなってきたり、血管が詰まり始めている可能性があると、とらえたほうが良いと思われます。

心筋梗塞や脳卒中などは、突然死にもつながるものです。あるデータでは、冠静脈疾患の患者の4~7割が勃起障害を抱えているというデータもあります。

EDを医学的に治療することも可能性として検討

勃起障害(ED)を治療する者として、ED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスのようなものもあります。

これらは、その効果から「PDE5阻害剤」ともいわれています。

実際に、こられのED治療薬は、服用によって血管拡張を促し、そしてこれが要因で陰茎に血液が流入し、勃起を導いているのですね。

ただ、皆さんもご存知の通り、ED治療薬はどこででも購入できるものではなく、医師の処方の下、正しく服用していくことが必要となります。

このことから、勃起障害の状況が比較的中程度だったとしても、動脈硬化予防の点からも、ほったらかしにせず、一度医師に相談してみるなどの対策をとっていくことをお勧めいたします。

引用・参考:
FNN PRIME 4人に1人が抱える「ED」 放置すると、命を落とす事態も!
日経Gooday EDは動脈硬化のサイン! 気になる治療薬の最新事情

\リピート率90%!「男の自信」復活!/