Uncategorized

体力づくりのカギ!BCAAも豊富に含まれています!

筋肉のエネルギー源:必須アミノ酸BCAA

男性
男性
皆さんは、BCAAって聞いたことがありますか?

筋トレなどをして体を鍛えている人は知っているかと思いますが、普段体を鍛えていない人は知らない人も多いと思います。

BCAAは運動時のスタミナ維持、筋肉のエネルギー源となる必須アミノ酸なんですね。

具体的には、BCAAはBranched Chain Amino Acid(分岐鎖アミノ酸)の略称となっていて、バリン、ロイシン、イソロイシンという3つの必須アミノ酸を指しています。

これらの3つの必須アミノ酸が枝分かれするような分子構造をしていることからBCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれているんですね。

BCAAは、必須アミノ酸ですので、私たちの体内では生成することができません。ですから、スポーツサプリなどにも配合されていて、運動をする人には注目されている成分なんですね。

BCAAの効果①:長時間運動時の筋力の低下を防ぐ

BCAAの効果としては筋たんぱく質の分解を防ぐ、ということがまず挙げられます。

長距離のマラソンなど、長時間の運動をするとき、私たちの体は、ブドウ糖(グリコーゲン)や脂肪(脂肪酸)、血液中のアミノ酸をエネルギー源として利用しています。

これらのアミノ酸を使い切ると、次は筋たんぱく質を分解して、中のアミノ酸を抽出して利用するようになるため、この状態が長時間続くと筋力が低下してしまいます。

これを防ぐために、特に運動前などにしっかりBCAAをとっておくと、体内に取り込まれたBCAAがまずエネルギー源となって利用されるため、結果的に筋力の低下を防ぐことができるんですね。

このため、効果的にBCAAをとるタイミングは、運動する30分前と言われています。

これは、BCAAが血液中の濃度のピークに達するのに30分ほどかかるからなんですね。

BCAAの効果②:セロトニンの生成を防ぎ疲労を減少させる

男性
男性
脳が疲労を感じるメカニズムを知っていますか?

私たちは長時間運動すると、セロトニンと呼ばれる疲労風発物質が脳内に蓄積して、これが原因となって脳が疲労を感じています。

このセロトニンはどうやって生成されるかというと、血液中に含まれているアミノ酸、トリプトファンが脳内に輸送されて、これが脳内でセロトニンを生成するんですね。

このため、トリプトファンが脳内に運ばれていくのを防げば、自然とセロトニン生成も減少され、脳が疲労を感じることも減るるわけなんですね。

ここで、BCAAの出番となります。

アミノ酸が脳内に運ばれるためには、輸送体というものを伝って脳血管関門を通る必要があるのですが、実はトリプトファンとBCAAは同じ輸送体を使っているのですね。

ですから、血液中のBCAAの濃度が高くなると、自然に輸送体におけるトリプトファンの割合も下がり、セロトニンも作られにくくなる。

だからBCAAは精神的な疲労などの回復をサポートすると言われているのですね。

まとめ

クラチャイダムゴールドにはBCAAも豊富に含まれていることから、上記の説明のように、BCAAを取ることによってセロトニンの生成を減少・防ぐことによって、疲労回復をサポートしてくれるんですね。

そして、BCAAは体内で生成されない必須アミノ酸ですからこれは、食物やサプリなどからとらないといけないんですね。

是非、BCAAをたっぷりとって、元気に自信満々の毎日を送っていきましょう!

引用・参考:グリコ「筋肉作りのメインキャスト、BCAAについて」
グリコウェブサイト「健康科学研究所・BCAAとは」

\リピート率90%!「男の自信」復活!/